このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

日本生命保険が2015年4~6月期決算を発表しました。本業のもうけを示す基礎利益は前年同期比3.6%増の1456億円でした。売上高に当たる保険料等収入は1.5%増の1兆2700億円でした。

円安を背景に外国債券の利息収入や外国株式の配当収入が膨らんだことが影響しています。

がんや心筋梗塞に対応した新しいタイプの医療保険が好調だったほか、銀行窓口で販売する一時払い終身保険が伸びた影響で、新契約件数は3.5%増の119万件でした。

(2015年8月13日)

参考ページ : 公的介護保険制度だけで将来の介護は安心?