このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

日本生命保険は個人契約者の配当を7年ぶりに増やす方針です。株高や円安で資産運用収益が増え、保有契約数の反転など本業の改善も確実になったためで、2015年3月期決算を踏まえて決定します。増配総額は約30億円で、個人契約の半分にあたる720万件が対象となる見通しです。

生保の契約者配当は、当初の見積もりよりも運用収益が多かったり、死亡者が少なかったりする場合に剰余金を配るものです。今回は予定利率が低い10年未満の契約を中心に配当が付与される予定です。

(2015年3月12日)

参考ページ : 保険比較ライフィの「保険相談室」でお悩みを解決!