このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

報道各紙によると、日本年金機構の個人情報がサイバー攻撃により流出した問題で、機構が当初発表した125万件を上回る流出は確認できなかったとの調査結果をまとめました。

年金機構の調査委員会の調査によると、流出の痕跡が確認できたのは125万件にとどまりました。これまでは、125万件を超える流出の恐れがあるとしていました。

機構の報告書では、標的型メール攻撃への対応として、職員向けのマニュアルや訓練などが不十分だったことを認める内容も盛り込まれます。

(2015年8月19日)

参考ページ : 発表!年間人気個人年金保険ランキング