日新火災海上保険株式会社は、火災保険にセットできる商品としては業界初となる「マンション管理組合役員賠償責任補償特約」を2016年10月から販売開始しました。

分譲マンションの管理組合役員は1~2年で交代することが多く、必ずしもマンション管理の実務に詳しいとは限りません。そのため、あやまって居住者の個人情報を開示してしまいトラブルに発展する、また、マンション共有部分の修繕費用が高すぎるとして居住者から損害賠償を請求されるなど、業務を遂行する中で想定外の経済的損失を被る可能性が考えられます。

そこで、お客様が安心してマンション管理を行えるよう、管理業務の遂行によって損害賠償請求を受けた場合の法律上の損害賠償金、弁護士費用等および情報漏えい対応費用を保障する特約を新設し、「マンションドクター火災保険」にセットできるようにしました。