このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

政府は、会社を起業するために必要な登記や税務、年金や社会保険などの手続きを1カ所でできる「東京開業ワンストップセンター」を4月1日に開設します。東京圏の国家戦略特区の区域会議で決定したもので、港区赤坂のアーク森ビルに開設します。

これまで、起業の手続きは法務局や税務署など複数の窓口での申請が必要でしたが、新設するワンストップセンターでは、法務省や国税庁、厚生労働省などの職員や専門家が常駐し、各種の申請が1カ所でできるようになります。対応時間は月~金曜の午前9時半から午後5時半予定です。

センターでは、日本で開業したい外国人にも対応するため、外国語で相談にも応じる予定です。

(2015年3月4日)

参考ページ : 国民健康保険に加入している方の不安