損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、9月20日から、月々500円の保険料で加入できるネット専用商品「Linkx coins(リンククロスコインズ)」(正式名称:臓器移植医療給付金付先進医療保険)を発売します。

経済的負担の大きい治療の保障に特化した保険で、被保険者が先進医療による療養を受けたときの先進医療給付金と先進医療一時金、所定の臓器移植を受けたときの臓器移植医療給付金を支払います。

「Linkx(リンククロス)」は、顧客と一生涯のつながりを持つことを目指し、顧客に心地よく、楽しく、健康を維持してもらうことをコンセプトとする健康サービスブランドで、今年9月から展開する予定。販売件数に連動した金額を、先進医療や臓器移植に関連する機関や団体に寄付する予定です。

「Linkx coins(リンククロスコインズ)」の主な特長は以下のとおり。
■先進医療と臓器移植という経済的な負担の大きい保障に特化
先進医療による療養を受けたとき、先進医療給付金と先進医療一時金を支払う。先進医療給付金は、更新前後の保険期間を通じて通算2000万円まで保障する。また、所定の移植術を受けたとき、臓器移植医療給付金(1000万円)を支払う。

■契約手続きはすべてインターネットで完結できるネット専用商品
シンプルな商品構成で、スマートフォンやPC、タブレットで簡単に申し込みができる。

■保険料は性別や年齢にかかわらず一律
性別や年齢(契約年齢範囲は20歳から69歳まで)にかかわらず保険料は月々500円。

■保険期間は1年、更新限度年齢のない自動更新制度
健康状態にかかわらず年齢の上限なく自動的に契約を更新する。