このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

損害保険ジャパン日本興亜は、太陽光発電設備が火災や落雷で損傷した場合に、その間に失われた利益を補償する保険の適用範囲を広げることになりました。

電力会社は、供給が需要を上回ると予想された場合、事業者へ発電を止めるよう指示できることになっています。指示の対象は従来、出力500キロワット以上でしたが、今年1月以降は500キロワット未満の小規模施設にも要請できるようになりました。電力会社が発電事業者に出力抑制を求める対象が広がったため、発電を制限される可能性がある事業者の要望に応じて、補償できるようにするものです。

(2015年8月20日)

参考ページ : 企業のリスクヘッジ・財務強化「企業財務.jp」