このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

損害保険ジャパン日本興亜の二宮雅也社長は時事通信のインタビューで、他社にない保険を開発し、新たな顧客を積極的に開拓していく考えを明らかにしました。

同社は7月から小型無人飛行機「ドローン」の事故を補償する保険を扱い始めたほか、生活トラブルを解決するための弁護士費用を補償する保険を今秋から発売します。二宮社長は、新商品開発について「業界初にこだわっている」と述べ、幅広い顧客ニーズに応じたサービスを強化する方針を表明しました。

損保ではこれまでの主力商品である自動車保険で大幅な拡大が見込めないといわれていますが、「損保の市場が極端に縮むことはない」と述べました。

(2015年9月1日)

参考ページ : 法人の自動車保険フリート契約もネットで比較!