損保ジャパン日本興亜ホールディングス株式会社は、中国現地法人において外資法人として初めて、2016年8月16日より中国人向けに『健康診断医療保険』を販売を開始しました。

商品概要
1.契約者: 中国人(個人)
2.サービス内容: 中国現地法人の提携医療機関での健康診断サービスや医療相談サービスを提供します。
3.保障内容 :健康診断の結果、雁塔の恐れが指摘され、再検査が必要となった際の再検査費用を補償します。
4.年間保険料例: 100人民元(約1,568円)

中国では経済成長とともに医療ニーズも急速に高まっており、健康関連市場の拡大が期待されています。経済的に余裕のある中間層以上が、高額であっても質の高い医療サービスを希望し、検診市場が急速に成長しています。このニーズに応えるため、中国現地法人が中国国内外の医療機関等と業務提携し、『健康診断医療保険』を開発しました。