損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、一般社団法人自転車安全対策協議会と連携し、同協議会会員(サイクルメンバーズ)向け『おおさか府民の自転車保険』の案内を2016年9月20日から開始します。

大阪府では、2016年4月1日から自転車条例が制定され、7月1日から自転車保険の加入が義務化されました。損保ジャパン日本興亜は、7月14日に大阪府と包括連携協定を締結し、『おおさか府民の自転車保険』を新たに開発しました。

保障概要
 1.保険契約者: 自転車安全対策協議会
 2.被保険者  : 自転車安全対策協議会のサイクルメンバーズのうち、保険制度加入を希望する人(年齢不問)
 3.募集開始  : 2016年9月20日
 4.保険期間  : 2016年10月1日午前0時から1年間(以後、1日・15日開始)
 5.保障内容  : ①賠償責任補償
              自転車事故によって他人にケガを負させたり、他人の財物を壊したりしたこと等によって
              被保険者が法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金を支払います。
             ②傷害補償
              自転車事故により被保険者が亡くなった場合、後遺症が生じた場合、入院した場合に
              保険金を支払います。
 6.主な加入プラン: 賠償責任補償1億円、傷害補償100万円のプランで、年間掛け金は1,310円となります。
 7.加入方法  : 自転車安全対策協議会のホームページを通じて、インターネットで申し込み手続き
           または、申込書(加入依頼書)を用いた書面での手続き

大阪府自転車条例の施行に伴い、加入年齢制限の撤廃、条例に沿った自転車に限定した補償、加入しやすい掛金水準といった大阪府民・大阪府から出ていた要望を実現した制度となっています。

http://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/news/2016/20160916_1.pdf