このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

日本年金機構は、年金情報の流出問題を受け、業務改善計画を作成、12月初旬をメドに監督官庁の厚生労働省に提出します。

流出問題の原因と指摘された、組織としての一体感や、現場を指揮する幹部職員のリーダーシップを強化するための改善策などについて、作業部会を作りまとめます。再生本部のトップを務める水島藤一郎理事長は、会合の冒頭で「機構にとって最後の再生の機会だ。最大限の緊張感をもって取り組んでほしい」と訴えました。

(2015年10月13日)

参考ページ : 相続に有効な保険商品選択のコツ