T&D保険グループの太陽生命保険株式会社(代表取締役社長:田中勝英)は、働けなくなったときの収入減などの不安に備える新商品「働けなくなったときの保険」を平成28年3月に発売します。

働けなくなったときに早期に給付金をお支払いすることで、病気やけがなどで仕事ができず、収入が減る不安に備えられる商品です。三大疾病やケガなどを原因とした所定の就業不能状態が30日継続すれば給付金が支払われます。所定の就業不能状態が30日継続するごとに150日まで最大5回、給付金が支払われます。所定の就業不能状態が180日継続したときには「就業不能年金」も支払われます。

http://www.taiyo-seimei.co.jp/company/notice/download/press_article/h27/280210.pdf

(2016年2月18日)

参考ページ : 生命保険の選び方。『掛け捨て保険』と『積み立て保険』
引受基準緩和型医療保険の資料を請求