このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

ブルームバーグによると、大和証券キャピタル・マーケッツの香港在勤アナリスト、レオン・チー氏らがまとめたレポートで、中国・天津での爆発に伴う保険金支払額が約20億元(約390億円)に上ると推定されることがわかりました。

レポートによると、爆発現場近くにあるルノーとフォルクスワーゲンのロジスティクス拠点で自動車が損傷を受け、自動車保険各社の保険金支払額は推定14億元に上ります。また、通りにあった自動車の保険金支払いが約1億2600万元、商業用不動産関連の保険金支払いは約2億8800万元、住居用不動産向けの支払いが約1億4000万元、傷害疾病保険金が約1億2500万元など。また、損害賠償保険金が約1億元と推定されています。

(2015年8月18日)

参考ページ : 企業のリスクヘッジ・財務強化「企業財務.jp」