大手損害保険3グループが発表した4~9月の保険料収入(速報値)が、計3兆7986億円と前年同期から2.3%減りました。日経新聞によると、上期で前年の実績を下回ったのは7年ぶりのことでした。主因は火災保険が18.1%減と前年同期の駆け込み需要の反動で大きく減少したこととみられます。

大手損保3グループは2015年10月に期間10年を超える火災保険の取り扱いを中止しました。このため、割安感のある長期契約に切り替える顧客が駆け込み需要で急増していました。