このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

明治安田生命保険相互会社(執行役社長 根岸 秋男)が、夏に関するアンケート調査を実施しました。

その結果、今年の夏休みに使うお金の平均額は89,296円で調査開始以来最高水準になりました。昨年に比べて4,405円上昇し、3年連続で増加しました。家族構成別では、「既婚」世帯が102,955円と昨年から14,284円増加し、調査開始以来初めて10万円を上回りました。

夏休みの過ごし方については、トップは「自宅でゆっくり」過ごす人が67.9%、2位は「国内旅行」で38.9%、3位は「帰省」で30.9%でした。

国内旅行に出かける人の行き先は、「関東地方」(28.6%)がトップ。2位は「九州・沖縄地方」(27.3%)で、「北海道」は昨年比2.5ポイント増加して20.1%で5位にランクインしました。

http://www.meijiyasuda.co.jp/profile/news/release/2015/pdf/20150730_02.pdf

(2015年8月4日)

参考ページ : レジャー保険はあいおい損保の「国内旅行保険」ネット申込へ