埼玉県と損害保険大手「損害保険ジャパン日本興亜」(東京都新宿区)は、防災や交通安全、文化芸術など17分野で相互に協力する包括的連携協定を締結しました。県が企業と包括協定を結ぶのは18社目で、損保会社とは初めてです。

同社は、県が5月に開催する防災イベント「防災フェス2016」などで防災人形劇や体験型防災ワークショップを実施するほか、交通安全の啓発教材、交通事故関連データを提供する予定です。また、東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館(東京都新宿区)と県立近代美術館の展覧会観覧料の相互割引制度などを導入します。

(2016年2月26日)

参考ページ : 医療保険の入院限度日数は60日?120日?それとも・・・
損保ジャパンDIY生命の1年更新型組み立て保険