このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

日本損害保険協会の新会長に就任した、あいおいニッセイ同和損保の鈴木久仁社長
は、記者会見で、地震保険について「全国平均を下回る11道府県で重点的に普及を促したい」と述べました。

地震保険は、地震や津波に備える地震保険は火災保険の特約として契約するもの。2013年度の加入率は平均58.1%で6割弱にとどまっています。このうち北海道(50.5%)や長崎県(38.3%)を重点地域と位置づけ、広報活動を強化する方針です。

地域の実情に応じた防災教育や損害保険の有用性を訴える啓発活動にも力を入れていくとのことです。

(2015年7月3日)

参考ページ : 地震等の天災も補償!こども総合保険【スクールエース】