国土交通省自動車局は、「平成28年熊本地震」の発生に伴い、熊本県全域と大分県の一部地域を対象に自動車検査証(車検)の有効期間を延長することにしました。

毎日新聞によると、対象となるのは、熊本県全域と大分県の別府市、日田市、竹田市、豊後大野市、由布市、玖珠郡九重町、玖珠郡玖珠町を使用の本拠とする、車検の有効期間が4月15日?5月14日までの車両約3万900台です。該当車両は車検の有効期間が5月15日まで延長されます。

有効期間が延長された車両の自賠責保険については、延長された期間内に継続検査を受けるときまでに契約すれば有効です。

(2016年4月19日)