このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

厚生労働省は、雇用保険制度について、65歳以上の新規加入や雇用情勢の改善を受けて保険料率の引き下げるなどの見直しを検討することになりました。

雇用保険は、労使が保険料を負担して加入者が失業時に手当を受けられるほか、育児休業の給付、職業訓練の費用の助成などを受けられる制度。現行では、同じ事業所で働き続ける場合は65歳以上でも継続加入できますが、65歳以上になってから雇用された場合は新たに加入することはできないしくみになっています。今後は、しくみを見直して65歳以降の加入が可能になるよう検討します。年内に結論をまとめ、来年の通常国会に関連法案の提出を目指す見込みです。

(2015年8月13日)

参考ページ : 長生きがリスクになりました・・・