このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

報道各紙によると、厚生労働省が特定健康診査(メタボ健診)の効果を検証するために導入したデータベースに不備があり、収集データの約2割しか検証できない状態にあることが明らかになりました。

メタボ健診制度は2008年4月、生活習慣病予防による医療費抑制を目的に導入されたものです。厚労省は09年4月、約28億円をかけて健診データとレセプト(診療報酬明細書)データを収集・保存するデータベースを運用開始し、受診者の検査値の改善状況や医療費抑制効果などを検証する予定でした。しかし、検査院の調査によると、11、12年
度の2年間にメタボ健診を受けた延べ4827万人のうち、データを照合できた受診者は22%にとどまることがわかりました。

(2015年9月7日)

参考ページ : 医療保険の入院限度日数は60日?120日?それとも・・・