このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

報道各紙によると、「医療保険制度改革関連法」が27日、参院本会議で賛成多数で可決、成立しました。

この法律は、健康保険法や国民健康保険法など5本の改正法をまとめたもの。国民健康保険の運営を市町村から都道府県に移すなど、2018年度までの医療改革の方針が決まりました。

患者の負担増につながる内容もあります。入院時の食事代は値上げされ、現行で全国
一律で原則1食640円のうち自己負担は260円ですが、2016年度から難病などの患者を除いて360円、18年度からは460円に上がります。住民税非課税の低所得者はいまの負担額(210円か100円)のままです。

紹介状なしで大病院を受診する人は、救急の倍を除き16年度から新たに定額負担が必要になります。対象は大学病院を中心とした「特定機能病院」やベッド数500床以上の病院。現行の初診料は2820円で患者負担はその1~3割ですが、定額負担は通常の初診料とは別に、5千円か1万円などの自己負担が生じます。今秋までには金額が決まる見通しです。

(2015年5月27日)

参考ページ : 発表!年間人気生命保険ランキング