このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

兵庫県は4月1日に、自転車を購入した人に保険への加入を義務付ける条例案
を施行しました。保険加入への周知期間を設けるため、実際に義務化されるのは10月
1日から。

県議会では、今年3月18日に自転車利用者および未成年者の保護者や事業者に対し、自転車事故で歩行者などを死傷させた場合に備える損害賠償保険(自転車保険など)への加入義務化を盛り込んだ「自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」が成立しました。

条例の施行により、自転車利用者などは「自転車事故により生じた他人の生命または身体の損害を補償する」保険への加入が義務化されるとともに、自転車販売業者などは、自転車を販売したり貸出ししたりするときに、利用者に保険加入の有無の確認が義務付けられますが、加入しないことによる罰則は設けません。

兵庫県は一般社団法人兵庫県交通安全協会の協力のもと、新たな自転車保険制度を創設し、損保ジャパン日本興亜を幹事引受保険会社とする、「ひょうごのけんみん自転車保険」を開発、販売します。賠償責任保険と傷害保険とのセットプランで、他人をケガさせた場合だけでなく、自分自身のケガなどにも備えることができます。

すでに自転車保険や個人賠償責任保険、TSマーク保険などに加入し、損害賠償責任に対応した補償をカバーできている人は新たに加入する必要はありませんが、県内でこうした保険に加入している人は、2013年で24%にとどまり、4台に3台は新たに保険に加入する必要があるとみられます。

(2015年4月1日)

参考ページ : 自転車の事故急増中!GKケガの保険(自転車向け総合保険)