このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

厚生労働省によると、2014年度の厚生年金と国民年金を合わせた積立金が145兆9322億円になったことがわかりました。運用が好調で、増加額は13兆8436億円と、積立金の市場運用を始めた01年度以降で最高になりました。

会社員が入る厚生年金の決算は時価ベースで13兆390億円、自営業者などが入る国民年金は8045億円の黒字でした。積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用収入が好調で、15兆2618億円だったことによるものです。

(2015年8月12日)

参考ページ : 企業のリスクヘッジ・財務強化「企業財務.jp」