年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用する約130兆円の公的年金の7~9月期の運用成績がプラスに転換し、2015年10~12月期以来3四半期ぶりに運用益が出たことがわかりました。株価が上昇したことが主な要因です。

野村証券の西川昌宏チーフ財政アナリストの試算によると、GPIFの7~9月期の運用益は1兆8千億円でした。内訳は、国内株と外国株でそれぞれ2兆円、5300億円の運用益、一方で外国債は1300億円、国内債は6000億円のマイナスでした。国内債は日銀が金利を政策運営の目標とする新しい枠組みを発表したことを受けた長期金利の
上昇(債券価格は下落)で損失が膨らみました。