このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

総務省の労働力調査によると、60代後半のうち、働く人の割合を示す就業率が2014年度に40.7%と前年度を1.8ポイント上回ったことがわかりました。。働く60代後半は男女合わせて374万人と前年度より10%増え、5人に2人が働いている計算。1975年度以来の高さで、10年間で5割伸びました。男性に絞ると51%と、16年ぶりに50%を超えました。女性も31%と初めて3割を超えました。

国民年金(基礎年金)は原則65歳から受け取れ、新たに年金をもらう人の99%は65歳までに受け取っています。年金と給与の両方を受け取りながら暮らす人が増えていることがわかりました。

(2015年5月29日)

参考ページ : 住宅ローンを抱えた方の「就業不能リスク」