ML&ADインシュアランスグループの三井住友海上保険株式会社ならびにあいおいニッセイ同和損保保険株式会社は、2016年1月から提供を始めたサービス「家族Eye(親族連絡先制度)」の登録件数が、2社合わせて5万件を超えました。

「家族Eye(親族連絡先制度)」の概要は以下の通りです。
1.概要
契約者の親族1名を緊急連絡先として登録する制度。年齢不問。保険期間の途中で、連絡先親族を新たに登録・変更することも可能
2.目的
(1)契約者と連絡が取れないなどの緊急時に、連絡先親族に直接連絡し、保険契約に関する重要な内容を案内
(2)契約者の契約内容に関して、連絡先親族からの問い合わせに答えることができる
3.対象商品
(1)三井住友海上: GKクルマの保険、GKすまいの保険
(2)あいおいニッセイ同和損保: タフ・クルマの保険、タフ・住まいの保険
なお、連絡先親族による保険契約の手続きはできません。