MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)とあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(社長:鈴木 久仁)は、ホテルや飲食店など、訪日外国人の受け入れ事業者を対象とした「インバウンド事業者向けサポートメニュー」の提供を開始します。

近年教則に増加している訪日外国人のニーズに応えるべく、訪日外国人を対象とする保険やインバウンドビジネスに関するリスクコンサルティングなどから構成された本メニューを開発しました。

訪日外国人による消費額は2兆円を超える規模になっている一方で、国内での受け入れ態勢はまだ十分ではなく、「外国人の安全対策」「多言語ツールの整備」「外国語での接客」といった課題に対する支援ニーズが拡大しています。

(2015年12月30日)

参考ページ : あいおいニッセイ同和損保の「海外旅行保険」ネット申込へ