MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:柄澤 康喜)は、4月から、スマートフォン向けアプリ「スマ保『運転力』診断」を利用時に、野生動物との交通事故多発地点へ接近すると音声で注意を促すサービスを開始します。

「スマ保『運転力』診断」は、ドライバーの運転傾向を分析・診断する無料アプリ。このサービスは、今後、沖縄県(ヤンバルクイナ)を皮切りに全国各地で順次展開していく予定です。

野生動物と接触する交通事故は全国各地で毎年発生しており、自動車の損害や人的な被害を引き起こしているほか、ヤンバルクイナ等の希少動物をはじめとした野生動物の轢死(ロードキル)は生物多様性の損失にも繋がるといわれています。こうした状況を改善し、交通事故の減少と生物多様性の維持を実現するために、「スマ保『運転力』診断」の機能を活用した本サービスを、株式会社インターリスク総研と協力して開発しました。

同社によると、「野生動物事故多発アラート」は、「スマ保『運転力』診断」アプリを利用中、地方自治体等が保有する情報・データを基に特定した動物事故多発地点および区間に接近すると、音声で注意を促します。アラート内容は動物の生活史、出没時間および天候に応じた出没率に応じて変化します。また、動物の飛び出しを認識し、適切な運転操作ができるよう、速度超過時にも音声アラートを発信します。

(2016年3月30日)

参考ページ : バイク自賠責保険は三井住友海上損保ジャパンネットでお見積り!申込み!