メットライフ生命保険株式会社(代表執行役 会長 社長 サシン・N・シャー)は、2016年4月からお客さま向け商品付帯サービス「ベストホスピタルネットワーク」を提供します。症状や治療法に合わせて、最適な専門医・医療機関を受診手配・紹介するサービスで、業界初です。

「ベストホスピタルネットワーク」とは、電話健康相談事業、医師手配紹介事業、メンタルカウンセリング提供事業のリーディングカンパニーであるティーペック株式会社が提供する、業界初の保険商品付帯サービス。病気の症状や希望する治療法に合わせて、各専門分野の医師が在籍する最適な医療機関での受診を手配し、紹介するものです。医療機関の予約や紹介状の手配も行うため、傷病時のお客さまやご家族のストレスを軽減することができます。

かかりつけの病院による専門医療機関の紹介は、従来は医師や病院の繋がりによる方法が一般的でした。

同社によると、「ベストホスピタルネットワーク」によるサービス内容は下記の通り。
 お客さまの希望および施設面・技術面・専門性などの観点から、主治医のもとでは対応できない治療法や、手術方法が必要になるケースがあります。「ベストホスピタルネットワーク」はその際のお客さまニーズを満たし、納得した治療を受けていただくためのサービスネットワークで、その名称はティーペック株式会社の登録商標です。
 「ベストホスピタルネットワーク」によるサービスでは、お客さまの病症状に最適な専門的治療を受けていただくために、一定の条件が満たされる場合には、各専門分野の医師が在籍する医療機関での受診を手配・紹介し、お客様・主治医・受入先の医療機関が円滑に連携できるようコーディネートします。
 そのために、国内有数の医療機関(23医療機関、2015年12月時点)からご賛同をいただき、受診を手配・紹介するためのネットワークを構築しています。

 (一定の条件)
  1.対応できない治療法や手術方法が必要と主治医が判断
  2.お客様(患者ご本人)がその内容を理解し、希望している
  3.手配先の医療機関に、その専門分野の医師が在籍し、患者の受け入れ、治療が可能な場合
  4.お客様(患者ご本人)が手配先の医療機関での受診を了承している
  5.主治医側も納得し、紹介状(診療情報提供書)を準備できる

(2016年1月7日)

参考ページ : 生命保険の選び方。生命保険の仕組み