厚生労働省によると、40~74歳を対象とした特定健康診査(メタボ健診)の2014年度の受診率が48.6%でした。

政府は生活習慣病の予防に向けて受診率70%の目標を掲げていますが、目標を達成できませんでした。

メタボ検診の対象者は約5,385万人で、このうち受診したのは約2,616万人。公務員らが加入する共済組合で74.2%、大企業の会社員ら向けの健康保険組合では72.5%と目標の70%を超えましたが、市町村が運営し自営業者らが入る国民健康保険は35.3%でした。

また、メタボリック症候群やメタボ予備軍と指摘され、保健指導が必要な人の指導実施目標は45%ですが、対象となった約440万人のうち、実際に指導を受けたのは約78万人で実施率は17.8%でした。