このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

マニュライフ生命保険株式会社(代表執行役社長兼 CEO:ギャビン・ロビンソン、本社:東京都新宿区、以下「マニュライフ生命」)は、通貨選択型変額終身保険(積立利率更改型定額部分付)ペットネーム『未来を楽しむ終身保険』を発売しました。プランライト・アドバイザー(自社営業職員)および一般代理店を通じて販売します。

『未来を楽しむ終身保険』は、外貨で運用し、運用成果に応じて定期的に引き出して使う、もしくはふやした運用成果を円建てで確保することのできる一時払の通貨選択型変額終身保険。

同社によると、『未来を楽しむ終身保険』の特長は以下の通り。

1.自分も楽しみながら、資産をのこせる終身保険
 ・一時払保険料は、契約時に適用される積立利率で運用される「定額部分」と、
市場環境の変化に対応して運用される「変額部分」*1に分けられます
 ・契約通貨を米ドル・豪ドルからお選びいただけるだけでなく、保険料の払込
通貨を契約通貨と異なる通貨から選択することができます
 ・万一の場合の死亡保障は、基本保険金額が最低保証されます
 ・告知なしでご加入いただけます

2.定期引出タイプ:資産をふやしながら定期的に受け取って自分のために使い
たい
 ・契約日の1年経過後の契約応当日以降、被保険者が生存されている限り、変
額部分の積立金から運用実績に応じた定期引出金を毎年受け取れます
 ・変額部分の運用成果にかかわらず、最初の積立利率適用期間満了日の積立金
額は、定額部分で一時払保険料の105%が最低保証されます(*2)

3.ターゲットタイプ:目標額をめざして資産をふやし、運用成果を円で確保し
たい
 ・円建ての目標額(円換算一時払保険料の110%~150%の10%刻み、
または200%の6段階)をめざして運用されます
 ・契約日の1年経過後の契約応当日以降、円建ての目標額に到達した場合、自
動的に運用成果が円建てで確保されます(*3)
 ・目標額に到達しなかった場合でも、最初の積立利率適用期間満了日の積立金
額は、定額部分で一時払保険料の100%または110%が最低保証されます
(*4)

 *1 変額部分は、特別勘定「世界バランスI型(米ドル・豪ドル)」で運用さ
れます。
 *2 定期引出タイプの積立利率適用期間は15年です。最初の積立利率適用
期間満了日(契約日から15年後)の定額部分の積立金額は、一時払保険料(契
約通貨建て)の105%を最低保証します。
 *3 目標額に到達した場合、到達した日の翌日を移行日として円建終身保険
へ移行します。契約日から1年以内は、目標額に到達しても、円建終身保険へは
移行しません。
 *4 ターゲットタイプの積立利率適用期間は10年または15年です。最初
の積立利率適用期間満了日(契約日から10、15年後)の定額部分の積立金額
は、積立利率適用期間10年を選択された場合には一時払保険料(契約通貨建て)
の100%、15年の場合には100%または110%(契約時にいずれか選択)
を最低保証します。

http://www.manulife.co.jp/tanoshimusyushin

(2015年11月10日)

参考ページ : 生命保険の告知とは?