このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

マニュライフ生命保険株式会社(代表執行役社長兼CEO:ギャビン・ロビンソン、本社:東京都調布市、以下「マニュライフ生命」)は、2015年2月16日より、通貨選択型一時払終身保険(ペットネーム:『マニュライフ終身保険〈円建/外貨建〉』)を野村證券株式会社(代表執行役社長:永井 浩二)の本店および全支店において発売しました。

『マニュライフ終身保険〈円建/外貨建〉』は、貯蓄性を重視した一時払終身保険です。
『マニュライフ終身保険〈円建/外貨建〉』の特徴
 1.払い込んだ保険料を上回る保障
  ・死亡または高度障害の場合のお支払いの基準となる基本保険金額(*1)として、一時払保険料を上回る金額が、契約当初から一生涯にわたって保証されます。
  ・終身にわたって契約時の積立利率(*2)が適用されます。
  ・契約通貨は、米ドル、豪ドルまたは円のいずれかから選択できます。

 2.大切な資産をのこしたい方へのこせます
  ・被保険者に万一の場合、死亡・高度障害保険金をお支払いします。(*3)
  ・死亡・高度障害保険金は、支払事由発生日の「基本保険金額」と「解約返戻金額」のいずれか大きい金額です。
  ・死亡保険金受取人は、被保険者の配偶者または3親等内の親族から指定できます。

 3.健康相談等の付帯サービス
  ・マニュライフ生命の業務提携先であるティーペック株式会社が提供する付帯サービス『こころとからだの健康サポート メディカルリリーフ』(*4)をご利用いただけます。日常の病気やケガに対するご相談や、日本を代表する医師(総合相談医)によるセカンドオピニオンのサービスがご利用いただけます。

http://www.manulife.co.jp/corporate/pdf/news_20150216.pdf

(2015年2月18日)

参考ページ : 豊かな老後をお考えの方に