このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

政府は、税と社会保障の共通番号(マイナンバー)による利便性の向上策を公表しました。

マイナンバー制度開始後に始まる個人サイト「マイナポータル」から、低所得者らが国民年金保険料の減免申請をする手続きを簡単にできるようにします。

また、医療費が一定額を超えた場合に税負担を軽くする医療費控除では、現在は医療機関の領収書の保存義務がありますが、これをなくします。2017年度中にも実施する予定です。

このほか、2016年度にはインターネットからクレジットカードによる国税の納付を可能にします。個人サイトにはふるさと納税をした際の寄付金控除の手続きが簡単にできる機能を加え、年金保険料を滞納している人には個人用サイトに通知します。

(2015年6月25日)

参考ページ : 豊かな老後をお考えの方に