ファミリーマートは、損害保険ジャパン日本興亜と提携し、コンビニ店舗内で自転車保険を発売しました。2016年6月8日(水)から、 全国のファミリーマートのマルチメディア端末「Famiポート」で、自転車事故に備える『自 転車向け傷害保険』の販売サービスを開始しました。

販売するのは、自転車の運転中を含む交通事故等によるケガ の補償と、日常生活で第三者にケガや損害を与えた場合の賠償責任の補償をセットし、年間3,080円で加入できる個人を対象とした 『自転車向け傷害保険』。24時間365日、申し込みが可能です。

商品の概要

【商品名】自転車向け傷害保険

【商品の特徴】交通事故等によるケガを補償する傷害保険に、相手方にケガや 損害を与えた場合の個人賠償責任補償特約をセットしました。

【販売開始時期】2016年6月8日(水)

【取扱店舗】「Famiポート」設置の全国のファミリーマート店舗約11,500店

【保険期間】1年間

 

共同通信社によると、コンビニ業界ではセブン―イレブン・ジャパンやローソンが自転車保険を既に取り扱っており、ファミリーマートの参入で大手3社が出そろうことになります。

http://www.family.co.jp/company/news_releases/2016/160606_02.pdf
(2016年6月6日)