ネオファースト生命は、2月1日から「ネオdeいりょう」(正式名称:無解約返戻金型終身医療保険)に付加できる「特定疾病保険料払込免除特約」を発売します。

この特約を付加することで、三大疾病(所定のがん、急性心筋梗塞、脳卒中)で所定の事由に該当した場合、以後の保険料の払込みが免除されます。

◆主な特長は以下の通りです。
▽三大疾病により所定の事由に該当した場合、以後の保険料の払込みは不要
所定のがんと診断確定された場合のほか、急性心筋梗塞と脳卒中については公的医療保険制度適用の手術を受けた場合、また所定の状態や症状が30日以上継続した場合に以後の保険料の払込みが免除となる。なお、保険料払込免除事由は、現在発売中の「ネオdeとりお」(正式名称:低解約返戻金型特定疾病保障終身保険)の支払事由と同様。

▽非喫煙者割引を適用
「非喫煙者割引特約」とあわせて付加した場合、非喫煙者割引が適用となる。生保業界で初めて(同社調べ)、終身医療保険に付加された特定疾病保険料払込免除特約への非喫煙者割引の適用となる。

(2016年1月25日)

参考ページ : 医療保険の入院限度日数は60日?120日?それとも・・・