チューリッヒ保険会社(東京都中野区、日本における代表者および最高経営責任者:西浦 正親、以下「チューリッヒ」)は、2016年3月3日(木)より、外航貨物海上保険の保険付保証明書を海外子会社でも発行できる新システム「Zurich Ocean Web(チューリッヒ オーシャン ウェブ)」を発売しました。

「Zurich Ocean Web」の提供により、外航貨物海上保険を契約している顧客は、日本国内の本社や子会社、海外子会社において、貿易手続きで必要な保険付保証明書をいつでもウェブサイト上で発行できます。また仕向け地に応じた事故通知先が登録されており、事故通知後の対応もスムーズになります。

「Zurich Ocean Web」の導入に伴い、本格販売を開始する「マリン・インターナショナル・プログラム」は、同社独自のグローバルネットワークを生かし、海外に子会社を持つ日本企業が、日本本社で一括してグローバルリスク管理を行える保険プログラム。物流リスクが常に「可視化」されることで、グローバル経営戦略策定の有力な情報として活用できます。

同社によると、「マリン・インターナショナル・プログラム」導入により、下記の効果を期待できるとのことです。

 1.保険契約内容だけでなく、貨物(完成品・部品・原材料など)の事故情報も一元管理が可能なため、グローバル規模での事故低減に優先順位付けを行った対策を講じることができます。

 2.優先順位の高い事故対策に対して、当社のリスクエンジニアが技術的な観点から事故低減対策をアドバイスします。

 3.損害保険契約をグローバルで管理することで、無保険によるファイナンスダメージの回避や、重複をチェックすることでのコストダウンなど、「Contingency Finance(偶発リスクへの金銭上の備え)」を効率的かつ効果的に行えます。

 4.実効性の高いグローバルリスク管理とリスク対策を講じることで、サプライチェーンマネジメント(SCM)をこれから構築する企業や、企業買収などにより再構築を予定している企業は、SCMのステップとして活用することができます。

(2016年3月17日)

参考ページ : チューリッヒの自動車保険
・法人契約可能な自動車保険はチューリッヒ!