このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

チューリッヒ保険会社(東京都中野区、日本における代表者および最高経営責任者:北澤 章、以下「チューリッヒ」)は、株式会社十八銀行(長崎県長崎市、代表執行役頭取:森 拓二郎、以下「十八銀行」)と提携し、同行の預金口座をお持ちのお客様に対し、ダイレクトメールによる傷害保険のご案内を開始しました。

チューリッヒは、銀行やクレジットカード会社など多くの会員顧客を持つ企業と提携し、ダイレクトメールを中心とした通信販売の手法で傷害保険をご案内する「フリー・インシュアランス・プログラム」というビジネスモデルを展開しています。現在、提携している企業は50社以上にのぼります。

今回の十八銀行との提携では、同行に預金口座をお持ちのお客様に対し、順次ダイレクトメールにて傷害保険を案内します。対象のお客様は、申込書を返送するだけで、交通事故による死亡補償または入院一時金補償を一定期間無料(十八銀行が保険料を負担)で受けることができます。また、ご希望のお客様は、月々少額な保険料のご負担で死亡・後遺障害、入院・手術などを手厚く補償する追加補償プランにも加入できます。

http://www.zurich.co.jp/aboutus/news/release/pr150522.html

(2015年5月29日)

参考ページ : チューリッヒの自動車保険