このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

チューリッヒ保険会社(東京都中野区、日本における代表者および最高経営責任者:北澤章、以下「チューリッヒ」)は、2015年9月から医療保険の認可を取得し、販売を開始しました。

同社はマスメディアやインターネットによる自動車保険の販売に加え、銀行、クレジットカード会社など、多くの会員顧客を持つ企業と提携し、ダイレクトメールを中心とした通信販売の手法で傷害保険をご案内する「フリー・インシュアランス・プログラム」を展開。

新しく開発した医療保険も、当面は、傷害保険と自動車保険の既存の契約者および、提携先企業顧客に、「フリー・インシュアランス・プログラム」のモデルにより販売します。

提携先企業が保険料を負担し「がん診断一時金」を顧客に無料プランとして提供します。併せて、入院、手術、通院といった、シンプルな補償で満90歳まで継続できる有料の追加補償プランも案内します。

「フリー・インシュアランス・プログラム」は、銀行やクレジットカード会社、スーパーマーケット、メーカーなどの会員顧客や口座保有者を有する企業が同社と提携先になり、保険の団体契約を結び、提携先企業が保険料を負担して自社の顧客向けに小額の保険料で傷害保険や医療保険を無料提供するサービスのこと。

http://www.zurich.co.jp/aboutus/news/release/pr151009.html

(2015年10月22日)

参考ページ : 生命保険金の請求方法。生命保険会社コールセンター一覧