ソニー生命保険株式会社(社長 萩本 友男)は、平成28年10月3日より、ペーパーレスで契約後の各種手続が可能となるシステムを導入しました。

システムの特長は以下の通りです。
1.遠隔でも手続が可能となる「ペーパーレスWEB」
 遠隔地に住んでいても、同社のインターネットサービスである「お客さまWEBサービス」に登録していれば、ライフプランナーから即時に請求データを受け取ることが可能。最短で当日中に保全請求の手続が可能。これにより、払済保険や延長保険への変更などを含む契約内容変更など、各種手続がWEB上で完了します。

2.面前での電子署名を使った「ペーパーレス自署」
 顧客の面前で手続する場合は、業界最高水準となるほぼすべての保全請求がペーパーレスとなりました。ライフプランナーと面談中に保全請求の要望が発生した場合でも、その場で画面上で内容を確認し、電子ペンで自署をすることで、手続が可能となります。また、公的書類の提出が必要となる手続も、スマートフォンでの撮影により簡単に対応することができます。

http://www.sonylife.co.jp/company/news/28/files/161004_kyoso.pdf