ソニー損保は、万一の車の事故や故障などのトラブル時に、その場での的確な行動をナビゲートするスマートフォン向けアプリ「トラブルナビ」の機能を強化しました。

これまで、電話でロードサービスを要請する場合は、トラブル現場の住所等の位置情報や車のトラブル状況をロードサービスデスクのオペレーターに口頭で詳しく説明する必要がありました。しかし、電話でのロードサービス要請時に、トラブル現場の位置情報やトラブル箇所の写真などのデータを送付できるようになりました。

なお、ロードサービスは、ロードサービスデスクへの電話で要請するほか、スマホのGPS機能を利用して通話をせずに要請することも可能です。

http://from.sonysonpo.co.jp/topics/pr/2016/01/20160105.html

(2016年1月29日)

参考ページ : 発表!年間人気バイク保険ランキング