ジェイアイ傷害火災保険は、海外旅行で不測の事態が発生した際に必要となる日本語ガイド等の費用を補償する業界初となる海外旅行保険の特約「日本語ガイド等費用補償特約」を4月1日より発売します。

「2014年度海外旅行保険事故データ」(ジェイアイ傷害火災保険調べ)によれば、ケガや病気による治療費用、入院した際に家族が現地に駆けつける場合の渡航費用等を補償する「治療・救援費用」の支払い件数の割合が45.9%と半数近くを占めています。

従来の海外旅行保険では、ケガや病気で受診する際の医療機関までの日本語ガイド等の付き添い費用は補償されないため、事故に遭った利用客に日本語が話せるガイド等が付き添う費用を補償する特約を開発しました。

海外旅行保険「日本語ガイド等費用補償特約」は、4月1日より、全国のJTBグループを始めとする同社代理店で加入できます。

(2016年3月18日)