一般社団法人シェアリングエコノミー協会とMS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社は、2016年12月よりシェアリングエコノミー協会に加盟しているプラットフォーム事業者を対象として、専用保険商品「シェアビジネス総合保障プラン」の販売を開始します。

シェアリングエコノミー市場は拡大が見込まれており、事業者数も増加していますが、個人間でサービスの取引を行う場合が多いため、安心してサービスを利用するための対策が求められます。そこでプラットフォーム事業者を保険契約者とし、プラットフォーム事業者・サービス提供者・サービス利用者の三社が、「対人・対物事故」、「人格権侵害」に加えて、「経済的損失」を補償する保険を開発し、販売することとなりました。

「シェアビジネス総合保障プラン」には次のような特徴があります。
1.対人・対物事故、人格権侵害に加え、経済的損失を補償
  「対人・対物事故」を補償する渋滞の賠償責任保険では対象とならない第三者の「経済的損失」をE&O保険で補償します。
2.事業内容ごとに補償内容をオーダーメイド
  プラットフォーム事業者・サービス提供者・サービス利用者の三社それぞれについて、「対人・対物事故」、「人格権侵害」および「経済的損失」の補償をカスタマイズすることが可能です。
3.マッチング(1回の利用)ごとの手続きが不要
  保険期間を1年とする包括契約となるため、マッチング単位での契約手続きは不要です。