日経新聞の報道によると、オリックス生命保険は10月から、自社の営業社員による保険の直接販売を始めます。

同社はこれまで乗り合い代理店を通じた販売を中心に業績を伸ばしてきましたが、今後5年で営業社員を1000人規模の体制をめざします。

生保の営業員は歩合給が一般的ですが、同社では業界では異例の固定給を導入するとしています。

(2016年1月24日)

参考ページ : オリックス生命のがん保険「ビリーブ」