このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社、東京都新宿区、日本における代表者・社長:山内裕司)と日本郵政グループの日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高橋亨)は、新たなお客さまサービスの取り組みを行います。

1 高齢のお客さま向け現況確認サービスについて
日本郵便が有する各家庭への配達ネットワークの強みを生かし、アフラックは高齢のお客さまに対する現況確認に取り組みます。生命保険会社が日本郵便と連携して高齢のお客さまへの現況確認を行う、これまでにない先駆的な取り組みとなります。

2 住所変更案内サービスについて
契約に関する各種案内送付の不着を事前に防ぐ取り組みです。引越し等によりアフラックへの住所変更が住んでいない場合に、顧客への契約に関する各種案内を、送付できなくなるおそれがあります。そのため、日本郵便が提供する「住所変更案内サービス」を利用して、アフラックへの住所変更に関する案内を日本郵便から転居先へ送付し、住所変更手続きを促します。

http://www.aflac.co.jp/news_pdf/20151026.pdf

(2015年11月2日)

参考ページ : アフラックの子供保険「夢みる子どもの学資保険」