アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社、日本における代表者・社長:山内 裕司)は、過去にがんを経験した方も加入できる新しいがん保険<生きるためのがん保険 寄りそうDays>を2016年3月22日から発売します。

がんを経験した方が加入できるがん保険の販売は、生命保険業界で同社のみ。

<生きるためのがん保険 寄りそうDays>の特長は以下の通り。
 ■がんを経験された方でも、以下の条件を満たせば加入可能(*2)
 [1]がんの治療(*3)を受けた最後の日から、5年以上経過していること
 [2]過去5年以内にがんの診断・治療(*3)を受けておらず、また医師から治療(*3)を受けるようすすめられていないこと
 [3]通常のがん保険と同様、健康状態が当社の定める基準内であること

 ■三大治療を保障するなど、現在のがん治療に幅広く対応
 [1]入院・通院の手厚い保障
 [2]三大治療(手術治療・放射線治療・抗がん剤治療)の保障
 [3]先進医療の保障

 ■がん専門相談サービス「プレミアサポート(*4)」も利用可能
 「がん患者専門カウンセラー」が、再発・転移の不安に対する心のケアや合併症・後遺症に関する相談、治療選びのアドバイスなどを訪問面談で提供するサービスをご利用いただけます。また、がん専門医を紹介するサービスの利用も可能です。

http://www.aflac.co.jp/news_pdf/20160302.pdf

(2016年3月1日)

参考ページ : がん保険の資料を請求