アイ・エム・エス・ジャパンは、健康保険組合の事業運営を支援するシステム「コラボヘルス25(CH25)」を出展しました。

組合を運営する保険者がレセプト、診療情報データなどを抽出・分析して、保険事業をPDCAサイクルで効率化するための機能を備えています。2015年12月現在、CH25ユーザーの4保険者が厚生労働省が推進する「データヘルス計画」のモデル事業となっており、うち3保険者が先進事例に選ばれています。

CH25は、保険者のオフィスに設置したパソコンで稼働する。このため、レセプト、健診結果などのデータをクラウドなどの外部へ持ち出す必要がなく、個人情報漏洩のリスクを低減できるのが特徴。健康保険組合の組合員(被保険者)の血圧、心拍数などの生体情報を継続的に収集するウエアラブル機器との連携機能の開発にも着手しています。すでにパイロット版の評価を開始しており、2016年中には実際の指導を担当するパートナー企業と組んで、被保険者への健康指導サービスをワンストップで提供する予定です。

(2015年12月25日)

参考ページ : 国民健康保険に加入している方の不安