このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

アイアル少額短期保険、 同コンソーシアムにはアイアル少額短期保険に加えて、一般財団法人医療情報システム開発センター、日本医療情報システム総合研究所、NPO(特定非営利活動法人)楽市楽画が参加するコンソーシアムは2015年3月25日、東京・六本木で開催された「ヘルスケア産業の最前線 2015 in 東京」において、「『ウエルネスプログラム』と連動した生命保険の検証」と題して、健康になればなるほど保険料が安くなる保険商品の可能性を報告しました。

報告したアイアル少額短期保険代表取締役社長の安藤克行氏によると、健康状態によって保険料が安くなる保険商品は海外ではすでに存在していますが、日本では未開発。海外の先行事例や国内のニーズを調査したうえで、日本版商品の「被保険者が健康増進に積極的に取り組める環境や仕組み」「保険商品の内容」を検討しました。

海外先行事例の調査では、健康状態の改善に保険料の割引などのインセンティブを与えることで、「入院率の低下」「入院期間の短縮」「入院費用の減少」の効果が得られることが分かったそうです。保険会社にとっても「保険金請求率の低下」「保険金支払額の減少」「解約率の低下」といったメリットがあります。

日本版の保険商品案としては、保険加入者が保険会社に健康状態を継続的に通
知し、割引項目となるデータが改善したら、それに従って次年度の保険料を決定するプランが挙げられています。割引項目はBMI、コレストロール、血糖値、禁煙の4つで、このうちBMI、コレストロール、血糖値が改善したらそれぞれ2%ずつ、禁煙が成功したら10~13%の割引率を適用、合計の最大割引率は15%とします。保障内容は4大疾病(がん、心筋梗塞、脳卒中、糖尿病)と診断された場合の一時金給付で、対象者は30歳から59歳までの男女。加入手続きはインターネットに限定する予定です。

(2015年3月30日)

参考ページ : 先進医療と医療保険