りそなグループのりそな銀行(社長 東 和浩)、埼玉りそな銀行(社長 池田 一義)、近畿大阪銀行(社長中前 公志)は、日本銀行によるマイナス金利政策導入以降の市場金利の低下などを踏まえ、2月18日(木)より、円普通預金金利および住宅ローン金利を下記のとおり引き下げました。

円普通預金金利、TIMO普通預金(無通帳口座):すべて0.001%

住宅ローン金利:
 住宅ローンの固定選択型金利における固定金利特約期間2年、3年、5年、7年、10年の店頭表示金利を2月18日(木)より、現行の水準から0.15%引き下げます。

http://www.resona-gr.co.jp/holdings/news/newsrelease/pdf/20160217_1a.pdf

(2016年2月22日)

参考ページ : 住宅ローンを抱えた方の「就業不能リスク」
火災保険・地震保険の資料請求