このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

日本郵政グループのゆうちょ銀行が個人向け資産運用事業に参入することがわかりました。三井住友信託銀行、野村ホールディングスと共同出資で新会社を設立してリスクの低い投資信託などを開発し、全国2万4千局の郵便局ネットワークで販売する方針です。

郵政グループが民間銀行や証券大手と共同出資会社を設立するのは初めてです。

新会社は平成28年の設立を予定しています。出資比率は、郵政グループが約5割、三井住友信託が約3割、野村が約2割を軸に調整しています。

(2015年6月11日)

参考ページ : 給与明細の見方 その2:給与からマイナスされる「控除」とは?