このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

かんぽ生命の加入限度額の引き上げについて、郵政民営化委員会の増田寛也委員長(元総務相)は、生保業界再編の動きが活発化していることも踏まえて議論すると述べました。大手生保では国内外の生保会社の買収が相次いでいます。かんぽ生命の上場により民間生保の脅威になることに備えた動きとも言われています。これについて増田委員長は「市場規律の中でどう、かんぽ生命がこれから振る舞っていけるのか、まさに審議しなくてはならないことだ」と述べました。

27日の民営化委員会は、7月に民営化のあり方について広く意見を募集したことを受けて開催されたもの。全銀協、生保協、全国郵便局長会など合計13団体からヒアリングを行いました。

(2015年8月31日)

参考ページ : 国民健康保険に加入している方の不安